外壁塗装のローラー塗装と吹き付け塗装、何が違うのか徹底比較

かんたん見積もり
シミュレーション

MENU

KNOWLEDGE

外壁塗装のローラー塗装と吹き付け塗装、何が違うのか徹底比較

この記事は約6分で読むことができます。

外壁塗装のローラー塗装と吹き付け塗装、何が違うのか徹底比較

外壁塗装の工法には「ローラー塗装」と「吹き付け塗装」、さらには「刷毛塗り」があるのはご存知だと思います。
しかし、「外壁塗装にはどの工法が最適なのか?」「ローラー塗装と吹き付け塗装は何が違うの?」といった疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、どちらの工法にもメリット・デメリットがあり、どちらも正しい手順で施工すれば仕上がりに差はほとんどありません。
それでは、どんなメリット・デメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。
こちらのページでは、外壁塗装のローラー塗装と吹き付け塗装では何が違うのか、どんなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介します。

ペイントGOから皆様へ

「ローラー塗装の方が塗料を厚く塗れるから長持ち」「吹き付け塗装の方が均一に塗れて仕上がりが綺麗」と塗装業者によって皆様への説明もバラバラです。
外壁材やご要望によって最適な工法は違ってくるので、ご自身の家にはどちらが適しているのか知っておきましょう。

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する

外壁塗装ではローラー塗装が主流

外壁塗装ではローラー塗装が主流

ローラー塗装と吹き付け塗装、まずこの2つの工法について簡単に説明します。
ローラー塗装は、その名前の通りローラーに塗料を含ませ、塗装面に押し当ててローラーを回転させることで、塗料を塗装面に塗り拡げていきます
一方吹き付け塗装は、スプレーガン(コンプレッサーの圧縮空気を利用し、塗料などの液体を霧状に噴射して対象に吹きつける装置)を用いて、塗料を霧状にして外壁に吹き付けていきます

ちなみに、どちらの工法であっても併用されるのが刷毛塗りです。
刷毛塗りは、ローラーや吹き付けでは塗装が困難な狭い箇所で、精度が求められる箇所での塗装に適しています。
そのため、ローラー塗装と吹き付け塗装の両方において、細かい部分は刷毛塗りで仕上げていきます。

外壁塗装をしたことが無い、あるいは初めての外壁塗装をご検討中という方も、外壁塗装と聞くと職人がローラーを使って塗装している姿をイメージするのではないでしょうか?
イメージの通り、一昔前までは吹き付け塗装が主流でしたが、現在の外壁塗装において主流はローラー塗装です。
もちろん外壁材やご要望によっては吹き付け塗装が採用されるケースもあるので、すべての現場でローラー塗装が行われているという訳ではありません。
しかし、後で詳しく解説しますが、
・塗料の無駄が少なく、飛散も少ない
・技術やスプレーガンのような特別な道具が無くても比較的塗りやすい

といったメリットから、現在ではローラー塗装を採用するケースの方が多いです。

それでは、ローラー塗装と吹き付け塗装、それぞれの特徴、メリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

ローラー塗装の特徴やメリット・デメリットについて

ローラー塗装の特徴やメリット・デメリットについて

現在、外壁や屋根、室内といった各所塗り替え工事において、約8割がこのローラー塗装によって施工されています
ローラー塗装はその名前の通り、ローラーに塗料を含ませ、塗装面に押し当ててローラーを回転させることで、塗料を塗装面に塗り拡げていく塗装方法です。
近隣住宅との距離が違い現在の日本の住宅事情において、吹き付け塗装と違って塗装工事中の塗料の飛散が少ないため、ローラー塗装が普及したとも言われています。

ローラー塗装を行う場合、塗料の種類塗装面の素材・状態作業性などを考慮してローラーの種類を選ぶ必要があります。
一口にローラーと言っても、次のように様々な種類が存在します。

ナイロン繊維ローラー ローラー自体の価格が安く作業性には優れるが、耐久性が低く塗料の飛散が多い
アクリル繊維ローラー 塗料の含みや耐久性に優れ、塗装によって穏やかな模様が作れるので室内塗装に適しているが、若干塗料の飛散が多い
ナイロン繊維+二次加工織物ローラー 外壁の塗装に適した耐久性・作業性共に優れたローラー
マルチフィラメントローラー きめが細かい綺麗な仕上がりになるので、内装や鉄部、木部の仕上げ塗りに適している
マイクロファイバーローラー 塗料の飛散が非常に少なく、綺麗な仕上がりになるので塗装職人の中でも人気が高いが、若干耐久性が低い
マイクロファイバー+ナイロン繊維ローラー 抜け毛が少なく外壁の塗装に適したローラーで、マイクロファイバーローラーより耐久性が高い
マスチックローラー 塗装面に模様をつけることができるローラー
デザインローラー 模様付け専用のローラーで、海外製のローラーが多い
ヘッドカットローラー デザインローラーやパターンローラーで塗装した後に、塗装表面の凹凸を押さえて滑らかにするためのローラー

このようにローラーには数多くの種類があり、状況に応じて塗装職人が使い分けています。
言い換えると、豊富や経験・技術が無くてもローラーを変えるだけで比較的容易に様々な状況に応じた塗装ができるスプレーガンのような特別な道具が無くても塗装ができるということです。
これもまた吹き付け塗装に代わってローラー塗装が主流になった理由と言えるでしょう。

ローラーの毛の長さが変われば何が違うの?

前項でローラーの種類をご紹介しましたが、ローラーはさらに毛の長さによって分類されます。
基本的にローラーには、「長毛」「中毛」「短毛」の3種類があります。

まず「長毛ローラー」ですが、毛が長い分塗料の含みが良くなるため、一度で塗れる面積が増えるため作業性が向上します
また、塗装面に凹凸がある場合でも、しっかり凹凸の隙間に毛が入り込んでくれるので塗り残しができにくくなります

次に「短毛ローラー」は、毛が短い分仕上がりがきめ細やかな塗膜になります
また、長毛・中毛と比べて小回りが効きやすく、窓枠・サッシ周りなどの障害物が多い部分の塗装に適しています

最後に「中毛ローラー」は、長毛と短毛の両方の特徴を併せ持った万能タイプのローラーです。

ローラー塗装のメリット・デメリット

それでは、ローラー塗装のメリット・デメリットについて順に見ていきましょう。
まずはローラー塗装のメリットです。

  • 塗料の飛散が少ないので、塗料の無駄が少なくなる
  • 塗料の飛散が少ないので、高所での塗装が容易になる
  • 塗料の飛散が少ないので、養生の手間が少なくなる
  • 吹き付け塗装に比べて、仕上がりに色ムラが発生しにくい
  • 容易に厚塗りができる
  • 塗装面の凹凸も、毛足の長いローラーで容易に対応できる

塗料の無駄を無くし、養生の手間が少なくなるというのは、そのまま工事費用の無駄を省くことに繋がるので、皆様にとってもメリットとなります
また、仕上がりも綺麗塗装の接着が強い=耐久性が高いというのも、大きなメリットですね。

では、デメリットを見てみましょう。

  • 手作業になるため、吹き付け塗装より工期が長くなる
  • 吹き付け塗装と比べて、仕上がりが画一的になりやすい
  • 職人の技術が未熟だったり、安いローラーを使った場合にローラーの毛が塗膜に残ることがある

ローラー塗装は手作業になるため、どうしても吹き付け塗装より工期が長くなってしまうのは、皆様にとっても気になるポイントではないでしょうか。
また、吹き付け塗装より技術を必要としないローラー塗装ですが、それでも仕上がりには職人の技量が影響するので、やはり信頼できる塗装業者選びが重要になってきます。

吹き付け塗装の特徴やメリット・デメリットについて

吹き付け塗装の特徴やメリット・デメリットについて

吹き付け塗装とは、スプレーガン(コンプレッサーの圧縮空気を利用し、塗料などの液体を霧状に噴射して対象に吹きつける装置)を用いて、塗料を霧状にして外壁に吹き付けていく塗装方法です。
ローラー塗装と比較して、吹き付け塗装は数倍早く施工することができ、大規模で塗装面積が大きな建物(工場・倉庫・商業施設など)の塗装工事においては今でも吹き付け塗装が採用されるケースがあります
また、吹き付け塗装は多様性に富み意匠性が高く、外壁に様々な模様をつけることができるので、モルタル壁へのリシン仕上げ・スタッコ仕上げなどは吹き付け塗装ならではの仕上がりになります。

現在は前項で紹介したローラー塗装が主流でしたが、ひと昔前はこちらの吹き付け塗装が外壁塗装の主流でした。
しかしながら、
・近隣住宅との距離が違い現在の日本の住宅事情において、飛散が多い吹き付け塗装は不向き
・現在の外壁材の主流がモルタルからサイディングボードに代わってきているので、吹き付け塗装の需要が無い

といった理由から、吹き付け塗装の経験がある職人自体が少なくなってきています。
特に、安全性や環境性が重要視されている昨今の建築業界において、飛散が多く近隣にも影響を及ぼす恐れのある吹き付け塗装は相性が悪く、現場で働く職人からもあまり好まれていません

吹き付け塗装のメリット・デメリット

それでは、吹き付け塗装のメリット・デメリットについて順に見ていきましょう。
まずは吹き付け塗装のメリットです。

  • ローラー塗装に比べて広範囲の塗装が可能なため、工期を短縮できる
  • 特に工場・倉庫・商業施設のような塗装面が大きな建物に適している
  • 塗料に細かい石を混ぜれば、意匠性の高い仕上がりになる

続いて、吹き付け塗装のデメリットです。

  • 塗料の飛散が多く、塗料に無駄が発生する
  • 塗料の臭いも近隣に飛散する
  • 養生に手間がかかる
  • 塗装に使用するスプレーガンの機械音が大きい
  • 凹凸が多い塗装面では、凹部の塗り残しができやすい
  • 職人に技術が求められる上、対応できる職人も減っている

やはり現在の日本の住宅事情では、メリットよりデメリットの方が多いのが吹き付け塗装です。
しかし、広範囲の塗装工事においてはローラー塗装より圧倒的に早く塗装できるため、現在でも吹き付け塗装を専門で行っている塗装業者も多いです。
また、モルタルの仕上げで人気の高いリシン仕上げ・スタッコ仕上げ・玉吹きといったランダムで意匠性の高い塗装模様は吹き付け塗装ならではのもの
しっかり厚塗りするためには塗料の希釈率を調整したり、重ね塗りの工程を増やしたりと工夫が必要にはなりますが、吹き付け塗装にしかできない塗装があります。

結局、ローラー塗装と吹き付け塗装はどちらが良い?

結局、ローラー塗装と吹き付け塗装はどちらが良い?

ここまで、ローラー塗装と吹き付け塗装について解説してきましたが、「結局、ローラー塗装と吹き付け塗装はどちらが良いの?」という疑問があるのではないかと思います。
結論から言うと、仕上がりにおいては施工の工程や塗料の使用料などをしっかりと守れば、ローラー塗装と吹き付け塗装で差はほとんどありません

しかし、前項でご紹介したように、近隣住宅との距離が違い現在の日本の住宅事情において、飛散が多い吹き付け塗装は不向きとされており、吹き付け塗装ができる職人さんも年々減っているのが現状です。
こういった現状から、どちらが良いという以前に、戸建て住宅での塗装工事ではほぼローラー塗装一択という状況になっています。

ただし、モルタル壁でのリシン仕上げ・スタッコ仕上げなど意匠性の高い仕上がりは、吹き付け塗装ならではの仕上がりです。
そういった意味では、ローラー塗装と吹き付け塗装のどちらが優れているかではなく、

  • 建物の立地や外壁の素材・状態
  • お客様が仕上がりに対してどんな要望があるか?
  • 使用する塗料に対してメーカーが定めている仕様

といった様々な項目を踏まえた上で、最適な塗装方法を選択するのが正しいのです。
信頼できる優良塗装業者であれば、建物の立地や状態をきちんと把握し、ご要望に沿った最適な工法を、近隣への配慮もしっかり行いながら塗装工事をしてくれるでしょう。
その意味で、失敗しない外壁塗装を行えるかどうかは、どの塗装方法を選ぶかよりも、信頼できる塗装業者を選べるかが重要なポイントになります。

吹き付け塗装よりローラー塗装の方が耐久性が高いって本当?

この記事をご覧になっている方の中で塗装業者に、
「吹き付け塗装は塗料を霧状にして吹き付けるので塗膜が薄くなるので、ローラー塗装の方が良いですよ!当社はローラーで手塗りするので安心です!」
とセールストークを聞かされた経験がある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?
結論から言えば、この発言は嘘です
工程や塗料の使用量を守ってきちんと施工を行えば、吹き付け塗装でもローラー塗装でも仕上がりの塗膜の厚さは変わりませんし、同じ塗料を使えば耐久性も同じになります

たしかに吹き付け塗装では、スプレーガンを使用して塗料を霧状にして吹き付けるため一度で塗る塗膜は薄くなりますし、スプレーガンから噴出しやすくするために塗料もローラー塗装より薄めて使用します。
しかし、そもそも吹き付け塗装は何度も吹き付けて重ね塗りすることで塗膜を厚くする工法です。
また、塗料を薄めているのも、あくまで施工しやすくするのが目的であり、手抜き工事が目的ではありません。

悪質な塗装業者が営業で契約を結ぼうとする際に、このようにローラーによる手塗りをアピールして、丁寧さ・誠実さを強調するケースが横行しています。
いくら丁寧さ・誠実さを強調したところで、そもそもの説明で嘘をついているような塗装業者を信用することはできませんよね。
もしこのようなセールストークをするような塗装業者に出会った際は注意してください。

ローラー塗装と吹き付け塗装を徹底比較 まとめ

現在の外壁塗装ではローラー塗装が主流となっています。
しかし、どんな塗装工事でも高い塗料を使えばなんでも良いという訳ではないのと同じで、塗装方法も施工する現場の立地や塗装面の状態、条件などによって最適な工法を使い分ける必要があります。

ローラー塗装はもちろんですが、特に吹き付け塗装は施工する塗装職人の技術が問われる塗装方法です。
その意味では、どの塗装方法を選ぶかより、技術があって本当に信頼できる塗装業者を選ぶことの方がはるかに重要となります。
優良な塗装業者であれば、建物の立地や状態をきちんと把握し、ご要望に沿った最適な工法を、近隣への配慮もしっかり行いながら塗装工事をしてくれます。
ぜひペイントGOで、技術も確かな信頼できる塗装業者を見つけてください。

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する
Introduction

この記事を監修した塗装職人

大阪府の塗装職人:岩本勇磨

大阪府東大阪市を中心に活躍する塗装職人。
お客様第一主義で細やかなコミュニケーションや工事説明を徹底、どんなご要望にも臨機応変に対応!
モットーは、「お客様へは謙虚で真摯に、塗装工事にはどんな職人にも負けない!」

外壁塗装の豆知識を読んでいただきありがとうございます。

おつかれさまでした。
ここまでコラムを読んでいただきありがとうございます。
あわせてお読みいただきたい外壁塗装の豆知識をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
お名前必須
郵便番号
住所必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法
電話 メール
案内を希望する職人数
1人 2〜3人 4人〜
ご相談・ご要望など
CATEGORY

外壁塗装の豆知識カテゴリー一覧

失敗しない外壁塗装!優良業者の選び方 外壁塗装の費用・相場・見積もりについて 外壁塗装の塗料・色選びについて 外壁塗装を行うべきタイミングや症状について きっと役に立つ!塗装に関する豆知識
KEYWORD

塗装に関する注目キーワード

WORKS

新着施工実績

お近くで評判の良い優良塗装業者を探す

お近くで評判の良い
優良塗装業者を探す

外壁塗装・塗装業者紹介に関するお問い合わせはこちら

無料問い合わせは
こちらから承り中

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要の塗装のかんたん見積もりシミュレーション

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要
塗装のかんたん見積もりシミュレーション

今すぐ無料
かんたん見積もり
TOP