外壁塗装を依頼する時の大手ハウスメーカーや工務店など業者別注意点

かんたん見積もり
シミュレーション

MENU

KNOWLEDGE

外壁塗装を依頼する時の大手ハウスメーカーや工務店など業者別注意点

この記事は約7分で読むことができます。

大手ハウスメーカーや工務店など業者別、外壁塗装依頼時の注意点

外壁塗装は美観の回復だけでなく、建物の耐久性・防水性を維持する上でも不可欠な工事です。
しかし同時に、様々なトラブルが起こりやすい業界としても残念ながら知られています。
外壁塗装を発注する施主様として、またマンションやアパートの場合はオーナー様として、納得のいく仕上がり・納得のいく工事費用になるようにするにはどうすればいいのでしょうか?
まずは工事を依頼する前段階でご自身が依頼しようとしている塗装業者が、大手ハウスメーカーなのか?工務店なのか?リフォーム会社なのか?職人直営店なのか?をしっかり把握して、それぞれの特徴や仕事の進め方を理解しておくことが大切です。
こちらのページでは、大手ハウスメーカーや工務店など業者別、外壁塗装依頼時の注意点について解説します。

ペイントGOから皆様へ

外壁塗装を依頼する際、工務店や職人直営店など塗装業者の業態にまで気を配る方は少ないかもしれません!
しかし、どの業態を選ぶかで工事の品質も価格もかなり大きな違いが生まれるので、塗装業者の業態についてもぜひ知っておきましょう!

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する

外壁塗装の業者選びにおいて覚えておきたい3つのポイント

外壁塗装の業者選びにおいて覚えておきたい3つのポイント

外壁塗装の業者別の違いを見ていく前に、まずはどの塗装業者を選ぶにしても絶対に覚えておきたい3つのポイントをご紹介します。

細かいところまで何でも相談できるかを確認する

実は外壁塗装は、その仕上がり・満足度の7割が塗装業者選びの段階で決まると言われています。
高い満足度を得るためには仕上がりの綺麗さはもちろんですが、工事代金は適正価格だったか?自分のイメージ通りになっているか?外壁に関する悩みは解消されているか?職人の接客応対は良かったか?など様々な要素が求められます。
もちろん塗装職人の技術も重要ですが、特に工事代金とイメージ通りの仕上がりになっているかについては、塗装工事に対する満足度の高さに大きく影響を与えます。
その意味で、お客様がどんな塗り替えを望んでいるかを理解する力、そしてそのイメージをしっかり聞き取るためのコミュニュケーション能力お客様が何でも相談できる環境作りは非常に重要です。
そういったお客様目線の土台があってこそ、塗装職人の技術もはじめて活きてくると言えるでしょう。

お客様が塗装に関して心配なことやわからないことは丁寧に説明してくれ、不安を取り除いてくれる。
塗料選びでも塗料の良い部分だけでなくデメリットもしっかり伝えて、その上でお客様と一緒に悩み考えてくれる。
塗装業者がお客様のためにできることは実際の塗装作業以外にも数多くあるのです。

価格・費用よりも品質を重視する

外壁塗装は工事総額が100万円を超えるケースも多く、非常に高額な買い物となります。
そのため、「できる限り費用を安く抑えたい」と考える方が多くいらっしゃるのも当然のことです。
しかし、外壁塗装は明確に「安かろう、悪かろう」が存在する工事です。
明らかに相場よりも安い工事には、必ず安い理由があるものです。

相場と比べて明らかに高いぼったくりのよう見積もりを提出してくる塗装業者はもちろん論外ですが、同様に安さだけで勝負しているような塗装業者を選ぶことも危険です。
まずは工事の品質・塗料の品質にこだわり、その後で価格や費用、ご予算を考慮してどの塗料を使うかを決めていく、といった順番で考えるようにしましょう。
この順番を意識して塗装工事と向き合えば、安さだけを売りにして契約を迫り、後は雑な手抜き工事を行なって逃げるように帰っていく悪徳塗装業者に騙されるリスクは大きく下がります。

外壁塗装においては同じ工事内容で複数の塗装業者に見積もりを依頼する「相見積もり」を行うのが鉄則です。
しかし、いくつかの見積書を並べると、どうしても安い方に目が行ってしまうのは仕方ありません。
そこで安さ優先の考えに戻ってしまう恐れがあるので、工事金額や見積もりの内容だけでなく、どんな塗装業者か?実績はあるのか?保証はあるのか?なども併せて必ず確認するようにしておきましょう。

焦って契約を交わさないようじっくり比較検討する

外壁塗装は急いでも何もメリットはなく、着工が1ヶ月程度前後しようとも工事内容や工事金額が変わることもありません
焦って塗装業者を選ぼうとすると、つい「やっぱり安いところでいいや」と考えてしまいがちです。
また、悪質な塗装業者は自分たちが提出する見積書の内容がおかしいことがわかっているため、相見積もりを嫌います。
そのため、「本日契約してくれたら20万円値引きします!」など曖昧な理由でありえない額の値引きを提案して、契約を急かしてきたりもします。
大幅な値引きはお客様からするとありがたいかもしれませんが、値引きされた分のシワ寄せは必ず工事内容に表れ、手抜き工事の温床となります。

外壁塗装は一度行えばこの先10年以上もご自身の生活に影響を与えます。
どんな仕上がりにしたいかをじっくりと考え、そのイメージを形にするためどの塗装業者を選ぶかをじっくり比較検討する時間は決して無駄ではありません。
高額で失敗ができない外壁塗装だからこそ、塗装業者選びに時間をかける価値は十二分にあるのです。

塗装業者に工事依頼をする前に、工事の目的・希望を整理しておく

塗装業者に工事依頼をする前に、ぜひご自身で確認しておいていただきたいポイントがあります。

外壁塗装を行う際、「せっかくの大掛かりな工事だから、他にも色々やってしまおう」と考える方も多くいらしゃいます。
工事の目的・希望としては、

・外壁または屋根のみの塗装をしたい
・外壁と屋根を両方塗装したい
・塗装工事に加えてリフォームもしたい
・外壁は塗装工事、屋根は屋根修理をしたい
・屋根には太陽光発電など取り付け工事をしたい

などが挙げられます。
どの工事においても足場設置工事が必要となり、工事の度に足場工事をしていては都度費用が発生してしまうため、一度で色々工事を済ませてしまうというのは賢い選択です。
ただし、上記の例でいえば外壁または屋根のみの塗装であればほぼどんな業態の会社であっても対応していますが、それ以外の工事は業者によっては一部しか対応できないことがあります。
例えば、外壁と屋根の塗装はできるけどリフォーム工事には対応していない、といったケースです。

塗装工事以外にも複数の工事をご検討中の方は、どの工事がメインなのかを決めてその工事に該当する業者を選定し、その業者に足場設置を任せるようにしましょう。
そして、別の工事の業者にはその足場を使って工事を進めてもらうのです。
「違う業者の建てた足場は使えない」という業者はまずいないはずです。

まずはご自身で工事の目的・希望を整理し、それに併せて業者選定し依頼をすれば工事がスムーズに進むでしょう。

外壁塗装における各業者のメリット・デメリットと注意点

外壁塗装における各業者のメリット・デメリットと注意点

それでは塗装業者を業態ごとに分けて、それぞれ詳しく見ていきましょう。
塗装業者を業態ごとに分けると、どんな業者であっても主に以下の5つのどれかに該当します。

大手ハウスメーカー

テレビCMや新聞チラシなどで見かける、誰でも名前だけは知っているような全国展開している大手です。
ト〇タやパ〇ソニックなど大手企業が運営しており、〇〇ホームや〇〇リハウスなど〇〇の部分には大手企業名が入る会社が多いです。
また、新〇そっくりさんのように、屋号に企業名は入っていないものの、資本は大手企業といったケースもあります。

大手ハウスメーカーのメリットは、やはりその大手だからこその安心感ではないでしょうか。
「有名な会社だし悪質な工事はしないだろう」という信頼感がありますし、担当者の接客応対もしっかりしています。
経営の面でも潰れる可能性は少ないため、もし塗装に不備があった場合の保証なども安心です。

デメリットとしては、実際の施工はハウスメーカーではなく、ハウスメーカーの下請け業者、もしくは孫請け業者であるという点です。
例えばAというハウスメーカーに工事を依頼すれば、当然「Aの会社の塗装職人が施工をしてくれるんだろう」と思うはずです。
しかし実際には、Aというハウスメーカーが仕事を発注したBという下請け業者、さらにはBもCという下請けに発注し、施工を行うのはCという聞いたこともないような孫請け業者、というパターンです。
ひどい場合だとひ孫請け、玄孫請けという場合もあります。

残念ながら、大手ハウスメーカーに塗装工事を依頼した場合、ほぼこのパターンに当てはまります。
大手ハウスメーカーと呼ばれる会社には塗装職人というもの自体が在籍しておらず、大手ハウスメーカーはあくまでもお客様との窓口としてお客様と施工業者の間に入っているだけになります。
「大手のネームバリューを信用して工事を依頼したのに、工事するのが名前も知らない業者じゃ意味ない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まさにその通りです。

また、元請けから下請けに工事を発注する際には中間マージンが発生し、下請けから孫請け、孫請けからひ孫請けと依頼が発注される度に中間マージンは発生します。
中間マージンとは、元請けから下請けへ仕事を発注する際の仲介料・紹介料です。
例えば100万円の工事であれば、元請けから下請けに発注される際に20万円が抜かれ下請けが手にするのは80万円、下請けがさらに孫請けに仕事を発注すればさらに20万円が抜かれ孫請けが手にするのは60万円、となる訳です。
つまり、お客様が支払ったのは100万円であっても、実際に工事に充てられるのは60万円ということになります。

依頼から実際の施工まで必ず複数の業者が介在するため、支払う金額と工事に充てられる金額に大きな開きが生まれる
これは大手ハウスメーカーに塗装工事を依頼する最大のデメリットと言えるでしょう。

工務店

ここでいう工務店とは、社名が「〇〇工務店」のような会社のことではなく、地域密着型の建築会社を指します。
お客様からすれば、大手ハウスメーカーと比べても身近な存在で、なんでも相談しやすいというメリットがあります。
その地域に永く住んでおられる方であれば、「家のことはなんでも〇〇工務店に任せている」といったように、お抱えの工務店があるかもしれませんね。

ハウスメーカーであれば塗料や建材についてもグループで取り扱ってるものしか使用できないなど、色々と縛りがあるケースがあります。
工務店にはそういった縛りは無いので、ハウスメーカーよりも選択肢が広いという場合が多く、お客様にとってはご自身のこだわりを実現しやすいというメリットがあります。

ただし、工務店は建築全般に広く対応しおり、塗装専業では決してありません。
塗装の知識が浅いという点には注意が必要ですし、工事の品質は工務店に在籍する職人の腕に大きく依存します
もし自社に塗装職人がいない場合は外注しますが、この場合も大手ハウスメーカーのように中間マージンが発生します。

保証やアフターフォローについても、保証期間や内容が工務店によってバラバラですので、会社ごとの良し悪しの見極めが非常に重要になってくるでしょう。

リフォーム会社

外壁塗装以外に、リフォーム工事もまとめて依頼することができる業者です。
最近ではホームセンターはもちろん、家電量販店などでもリフォーム工事や外壁塗装を請け負っているところが増えてきました。

外壁塗装以外にキッチンやトイレ、お風呂などの内装リフォーム、もしくは太陽光発電など設備機器の取り付けを検討されている方は、このタイプの業者を選ぶメリットは大きいです。
一度で複数の工事をまとめて依頼できますし、窓口も一つで済むためやり取りも煩雑になりません。
また、外壁塗装とまとめてしまえば工事費用の面でサービスが受けられるかもしれませんし、お客様からしても値引き交渉がしやすくなるでしょう。

ただ、大手ハウスメーカーと同様に実際の施工を行うのは下請け業者になる上、窓口の担当者も塗装専業ではないので提案はカタログに載っている程度の知識です。
中間マージンも発生しますし、施工を行う下請け業者の技量は実際に施工するまでわかりません。

例えば、家電量販店でキッチンやお風呂などの設備を購入しそのまま取り付けまでお願いする、といったケースであればいいかもしれません。
設備機器の取り付けは、知識と免許があれば取り付ける人間の技量はそこまで問われません。
一方、外壁塗装のように職人の技量に大きく影響される工事をリフォーム会社に依頼するメリットはあまり無いと言えるでしょう。

訪問販売業者

ある日突然営業マンがご自宅にやってきて、「外から見させていただいたんですが、そろそろ塗り替えが必要ですよ」などと営業を受けたことはありませんか?
営業マンが飛び込み営業を行なっている業者がこれに該当します。

外壁塗装において、訪問販売業者は避けた方が賢明です。
ぼったくり営業、手抜き工事、下請け施工、アフターフォローの雑さなど、デメリットを挙げるとキリがありません。
事実、消費者センターに寄せられる外壁塗装やリフォーム工事など建築関係のクレームは、このタイプの業態に依頼したケースによるものが圧倒的に多いのです。

訪問販売業者がやって来たとしても、「そろそろ塗り替えの時期なんだな」と目安にするくらいにとどめ、絶対に契約はしないようにしましょう

職人直営店・自社施工店

外壁塗装に特化した塗装専業店です。
工務店と同じように基本的には地域密着型として活動している業者が多く、お客様にとっては街の身近なペンキ屋さんといったところでしょうか。
すべての依頼に対して下請け業者など外注業者を使うことがなく、自社の塗装職人のみで施工するため、大手ハウスメーカーやリフォーム会社のように中間マージンが発生することはありません
また、下請け業者が介在すると技術が不明な職人が施工に関わることになってしまいますが、下請けを使わないためどの現場においても施工品質が安定します。

中間マージンが発生しない、技量が不明な下請け職人が施工に携わらない、この2つの理由によって適正価格・高品質な外壁塗装が可能となります。
ペイントGOに登録のすべて塗装業者がこの業態になります。
「本当の適正価格で塗装工事をしてほしい」「支払った金額に見合うだけの品質の良い塗装工事をしてほしい」とお考えであれば、職人直営店・自社施工店一択となります。

職人直営店・自社施工店のデメリットとしては、自社に営業マンがおらず、大手のようなCMや広告など派手な宣伝活動もしていないため、業者探しの段階で苦労します。
大手ハウスメーカーは工事代金の中に営業マンの営業費・宣伝費なども含まれるため、費用も割高になっています。
その分CMや広告などに力を入れることができるため知名度が高くなっていますが、悪く言うとお客様に認知されるための営業費・宣伝費をお客様ご自身が支払っているとも言えます。
職人直営店・自社施工店は営業費・宣伝費を取っていないため、工事代金は良心的ですがその分知名度や認知度の点では大手に大きく劣ります

また、ある程度の職歴のある業者であればどの業者も塗装技術は安定していますが、保証やアフターフォローについては工務店のようにバラバラです。
そのため、一口に「職人直営店・自社施工店だから絶対安心」とは言えず、業者ごとの保証内容や期間、アフターフォローの有無などを確認する必要があります。

信頼できる塗装業者を探すのは手間がかかるが、見つけることができれば住まいの心強い味方となるのが職人直営店・自社施工店です。

外壁塗装を依頼する時の業者別注意点 まとめ

ここまで、外壁塗装を依頼する時の業者別注意点について解説してきました。
どの業者にもメリット・デメリットはあるため、お客様ご自身に合った塗装業者を選ぶのが一番ではありますが、外壁塗装においては適正価格・高品質な工事をお望みであれば職人直営店・自社施工店一択です。

上述のように、知名度や認知度が大手と比べて劣るため、業者探しの段階で苦労するのが職人直営店・自社施工店ですが、ペイントGOに登録の塗装業者はすべて職人直営店・自社施工店です。
どの塗装業者をお選びいただいてもきっと満足度の高い高品質な外壁塗装を適正価格で行なってくれると、自信を持ってお勧めできる塗装業者ばかりです。

ぜひペイントGOでお気に入りの職人直営店・自社施工店を見つけていただき、適正価格・高品質な外壁塗装を行なっていただければと思います。

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する
Introduction

この記事を監修した塗装職人

兵庫県の塗装職人:中馬孝夫

兵庫県神戸市を中心に活躍する塗装職人。
「Do It Ourselves」とことんお客様の声に真摯に耳を傾け、一緒になって工事を進めていくことを信条とする塗装職人。
「真摯にお客様の声に耳を傾け『一緒に作る外壁塗装』をモットーにしています。」

外壁塗装の豆知識を読んでいただきありがとうございます。

おつかれさまでした。
ここまでコラムを読んでいただきありがとうございます。
あわせてお読みいただきたい外壁塗装の豆知識をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
お名前必須
郵便番号
住所必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法
電話 メール
案内を希望する職人数
1人 2〜3人 4人〜
ご相談・ご要望など
CATEGORY

外壁塗装の豆知識カテゴリー一覧

失敗しない外壁塗装!優良業者の選び方 外壁塗装の費用・相場・見積もりについて 外壁塗装の塗料・色選びについて 外壁塗装を行うべきタイミングや症状について きっと役に立つ!塗装に関する豆知識
KEYWORD

塗装に関する注目キーワード

WORKS

新着施工実績

お近くで評判の良い優良塗装業者を探す

お近くで評判の良い
優良塗装業者を探す

外壁塗装・塗装業者紹介に関するお問い合わせはこちら

無料問い合わせは
こちらから承り中

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要の塗装のかんたん見積もりシミュレーション

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要
塗装のかんたん見積もりシミュレーション

今すぐ無料
かんたん見積もり
TOP