耐用年数が30年の塗料って本当?外壁塗装の限界はおよそ20年です!

かんたん見積もり
シミュレーション

MENU

KNOWLEDGE

耐用年数が30年の塗料って本当?外壁塗装の限界はおよそ20年です!

この記事は約7分で読むことができます。

耐用年数が30年の塗料って本当?外壁塗膜の限界はおよそ20年です!

外壁塗装で使われる塗料にはどんな塗料でも「耐用年数」が定められています。
「耐用年数」とは、塗装をしてから次回の塗装が必要になるまでの年数目安となります。
そんな「耐用年数」について、「耐用年数が30年の塗料」があると聞いたことはありませんか?
訪問営業などで、「自社開発で耐用年数が30年です!」と塗料を売り込んでくる塗装業者がいますが、残念ながらそんな塗料は存在しません。
こちらのページでは、「耐用年数が30年」という甘い言葉に騙されないように、外壁塗装の耐用年数、そして耐用年数を延ばす方法についてご紹介します。

ペイントGOから皆様へ

外壁塗装の回数を抑えたいというお客様の心理につけ込んでくる塗装業者は数多く存在します。
しかし、残念ながら現在「耐用年数が30年」の塗料は存在しないので、営業マンの嘘に騙されないようにしてくださいね!

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する

外壁塗装の耐用年数とは?

外壁塗装の耐用年数とは?
外壁塗装における「耐用年数」とは、塗料が外壁をどれくらいの年数保護できるのかという意味で使用される言葉です。
同じ意味で「耐久年数」と呼ばれることもありますが、塗装業者の多くが「耐用年数」という言葉を使っています。

塗装の耐用年数は、必ずしもメーカーが公表してる年数通りになるとは限りません。
使用する塗料のグレード、建物外壁に使われている外壁材の種類、そして施工によって建物一軒一軒ごとに違ってきます

具体的には、シリコン塗料やフッ素塗料など、外壁材に対してどのグレードの塗料を使用したかが耐用年数に大きく関わってきます。
基本的に、アクリルやウレタンよりシリコン、シリコンよりフッ素と、塗料のグレードが上がるごとに耐久性・耐候性が増し、耐用年数が長くなると考えて良いでしょう。

また、同じグレードの塗料で塗装したとしても、塗装する外壁材が何かによっても耐用年数は変わってきます
外壁材がモルタル壁なのか、窯業系サイディングボードなのか、ALCなのかによって塗料との相性が異なり、相性が良いほど耐用年数は長くなり、相性が悪ければ公表されている耐用年数より短い期間で塗膜の浮きや剥がれが起こる可能性があります。

そして当然、塗装業者の施工内容・技術によっても耐用年数は変わってきます
古い塗膜をしっかり除去するためのケレン作業高圧洗浄など、塗装をするに当たって外壁を最適な状態にしたかどうかは、耐用年数に大きく影響します。
高圧洗浄も大切な工程ですが、特にケレン作業は塗膜の耐用年数に関わってくる工程ですので、塗装業者からもらった見積書にケレン作業の記載があるかは必ず確認しておきましょう

塗料の期待耐用年数とは?

塗料メーカーが発行している塗料のカタログには、「期待耐用年数」が記載されています。
この「期待耐用年数」は、各塗料メーカーが自社で塗料を開発した後に、専用の機材を使って耐久テストを行った数値になります。
ちなみに、この耐久テストでは塗膜を劣化させる紫外線や水、排気ガスなども測定項目に設定されています。

耐久テストによって計算された期待耐用年数は、あくまでも試験の結果としての数値であり、実際の建物に塗装を行なって測定された数値ではありません。
そのため、期待耐用年数はあくまでも期待値であり、実際の耐用年数ではなく目安として捉えることが大切です。

外壁塗装業界を含む建築業界は、新規メーカーが参入しにくい業界と言われています。
その理由ですが、例えば20年前に期待耐用年数が10年の塗料が販売されたとします。
販売からすでに20年が経過しているため、本当に耐用年数は10年保ったのか?10年の間に何か不具合は起きなかったか?の答えは、実際に施工を行なった現場を見ればわかるでしょう。
しかし、5年前に期待耐用年数が20年の塗料が販売されたとしたらどうでしょう?
本当に20年保ったのか?の答えがわかるのは、最低でも15年先になります。

このような理由から、建築業界ではどうしても実績がある建材が優先的に選ばれる傾向が強いです。
お客様に下手なものを勧められないという業者側からすれば当然ですね。

販売から10〜20年経過している塗料であれば、塗料メーカーが公表している期待耐用年数を信用しても良いでしょう。
しかし、販売からそれほど年数が経っていない塗料については、どれだけ長い耐用年数を謳っている塗料であっても、「まだ実地試験の最中」であると覚えておきましょう。

外壁塗装で使われる塗料の種類別耐用年数

外壁塗装で使われる塗料の種類別耐用年数
前項で、外壁材に対してどのグレードの塗料を使用したかが耐用年数に大きく関わってくるとお伝えしました。
それでは、具体的に外壁塗装で使われる塗料がどれくらいの耐用年数を持っているのか、種類別に見ていきましょう。

基本的に、価格が高くなればなるほど上位グレードになり、そして高耐久になるという考えは間違ってはいません。
ただし、光触媒塗料や断熱塗料は、「自身で外壁についた汚れを落とす」「断熱性能に優れる」といった特殊な性能を持っているからこそ高額になっています。
一概に、価格が高ければ高いほど高耐久という訳ではないので、その点には注意が必要です。

アクリル塗料

アクリル塗料の耐用年数は、5年~7年です。
耐用年数が短く、耐久性・耐候性も他の塗料に劣るため、現在は建築塗装の現場で使われることはほとんど無くなりました

ウレタン塗料

ウレタン塗料の耐用年数は、7年~10年です。
シリコン塗料に比べても耐用年数が短いため、昔は建築塗装の現場でもよく使われていましたが、現在は外壁塗装の主流ではなくなりました
ただし、伸縮性に優れている艶のある仕上がりになる、など機能の面でまだまだ選ばれる場面もあります。
付帯部の塗装などでは、シリコン塗料ではなくこちらのウレタン塗料が使用されることが多いです。

シリコン塗料

シリコン塗料の耐用年数は、8年~15年です。
現在、外壁塗装では主流の塗料であり、「どの塗料を選んで良いのかわからない」という方には、ほとんどの塗装業者がシリコン塗料を勧めてくるはずです。
それくらい実績豊富で安心・信頼の塗料です。
また、耐用年数と価格のコストパフォーマンスが非常に良いので、塗料の希望が無い場合はシリコン塗料を選んでおけば間違いないと言っていいでしょう。

ラジカル制御型塗料

ラジカル制御型塗料の耐用年数は、12年~16年です。
2012年に販売が開始された比較的新しい塗料で、シリコン塗料を超えるコストパフォーマンスを誇ります。
シリコン塗料以上の耐用年数を持っていますが、まだまだ実績が十分ではなく信頼性に欠ける部分があります。
ただし、実際に使用したお客様からの評価も高く、あと数年経って実績が伴えば、シリコン塗料に変わる外壁塗装の定番塗料になるかもしれません。

フッ素塗料

フッ素塗料の耐用年数は、15年~20年です。
他の塗料よりはるかに長い耐用年数を誇りますが、費用が高額になるため選ばれる場面が限られる塗料です。
初めての塗り替えなど、今後もその家で長く暮らし続けるというライフプランの方にはおすすめです。
一度きりの工事費用で見ると高額になりますが、その長い耐用年数から塗り替えの回数を抑えることができるので、外壁にかけるトータルコストを抑えることができるかもしれません。

塗料の「1液型」「2液型」、「艶有り」「艶無し」でも耐用年数が変わる

塗料は、「何で塗料を薄めるか」によって分類することができます。
具体的には、水で薄めて使用するタイプの「水性塗料」、そしてシンナーで希釈して使用するタイプの「溶剤塗料」です。
さらに、塗料を「1つの缶に入っている塗料だけで使用することができるのか」「別の液体を混ぜ合わせて塗料として使うのか」によっても分類できます。
1つの缶で完結する塗料を「1液型」、異なる液体を混ぜ合わせるタイプが「2液型」になります。

実は、「水性塗料」か「溶剤塗料」なのか、そして「1液型」か「2液型」かでも若干ですが耐用年数が変わります

耐用年数を重視する場合は、「溶剤塗料」かつ「2液型」の塗料を選べば、より長い耐用年数が期待できます。
ただし、「溶剤塗料」はシンナーで希釈するため、工事中は多少なりともシンナーの匂いがする点、そして「2液型」は混ぜる手間が発生するので若干工賃がかさんでしまう点には注意しましょう。

また、塗料の種類によりますが、艶の強さを「艶有り」「7分艶」「5分艶」「3分艶」「艶無し」と選べるタイプの塗料があります。
この艶も耐用年数に若干影響があり、耐用年数が長いのは「艶有り」になります。

「5分艶」「3分艶」といった艶を抑えた塗料、もしくは「艶無し」のようにマットな仕上がりになる塗料には、添加剤が入っています。
この添加剤によって塗料の純度が下がり、耐久性も下がってしまうのです。
さらに、塗膜の艶には外壁に汚れがつきにくくなる防汚効果もあるため、艶が無ければ無いほど汚れがつきやすく、結果的に耐久性も下がってしまう訳です。

ただし、一度塗り替えれば次回の塗り替えは10年以上先になります。
耐用年数ばかりを気にして、仕上がりや外観はどちらでも良いという方はいらっしゃらないでしょう。
塗料のタイプは工事費用や工事内容、艶の有無は仕上がりに大きく関わってくるので、塗装業者とじっくり話し合って塗料を選ぶようにしましょう。

外壁の耐用年数は外壁素材によっても異なる

前項で、外壁塗装で使われる塗料がどれくらいの耐用年数を持っているのかを種類別に見てきました。
しかし、外壁の耐用年数を考える場合、塗られている塗料の他に考えないといけないポイントがあります。
それは、外壁に使われている外壁材自体の耐用年数です。

ここで注意が必要なのは、例えば耐用年数が30年の外壁材があった場合、ここで言う30年というのは何もしなくても30年品質を維持する年数という意味ではないということです。
10年〜15年に一度はしっかり塗り替えを行い、外壁の耐候性や防水性を保ち続けてようやく実現できる年数なのです。
「30年もつ外壁材って聞いてるし、塗り替えタイミングの15年過ぎてるけどあと15年は何もしなくて良いだろう」という意味では決してないので覚えておきましょう。

日本の住宅に使用される主な外壁材の耐用年数は以下になります。

窯業系サイディングボード:30年~40年
樹脂系サイディングボード:20年~30年
金属系サイディングボード:25年~35年
モルタル壁:20年~30年

ただし上述の通り、どんな外壁材であっても外壁塗装でしっかりとメンテナンスを行なってこその長い耐用年数となっています。
外壁材が劣化してしまい、入れ替えなど大掛かりな修繕工事が必要になってしまっては塗装工事より高額な出費となりますし、何より建物の寿命を大きく縮めてしまいます。
定期的な外壁塗装で、外壁を常に適正な状態に保ってあげましょう。

耐用年数が30年の塗料は存在しない!営業マンの嘘に騙されないで!

いよいよ本題ですが、残念ながら現時点では耐用年数が30年の塗料は存在しません
しかし、塗装業者の広告や訪問営業などでは、「自社開発の塗料で、耐用年数が30年!」と謳い文句を見かけることがあります。
これは完全に虚偽なので、「そんなすごい塗料があるの?」と信じないように注意してください。

現在日本で販売され、販売から月日が経ってその性能が証明されている塗料の内、最も耐用年数が長いのはフッ素塗料です。
そのフッ素塗料であっても、耐用年数は15年〜20年と30年には遠く及びません。
しかもこの最長20年という数字も、よほど腕の良い職人が時間と手間をかけてしっかりと塗装し、日差しが強くなく年中通して雨が少ない、そして海も遠いと塗料にとって好条件が揃ってようやく実現できる年数です。

そもそも、エスケー化研や日本ペイント、関西ペイントといった国内の大手塗料メーカーですら作れていない耐用年数が30年の塗料を、街の塗装業者が開発できるものでしょうか?
「自社開発の塗料で、耐用年数が30年〜」と謳っている塗料の実情は、販売されている既存の塗料の混ぜ合わせのような粗悪な塗料です。
耐用年数が30年どころか、通常のシリコン塗料の耐用年数にも満たない年数で不具合が発生するケースがほとんどなのです。

また、「海外製の塗料で耐用年数が30年〜」といった塗料を勧められることがあるかもしれません。
しかしその場合でも、日本の天候や気候をしっかり把握できていない海外製品が30年ももつのでしょうか?
仮にその国では30年もったとしても、日本でも必ずもつとは限らないのです。

「耐用年数が30年」を売り文句に塗料を勧めてくる塗装業者、もしくは営業マンには注意が必要です。
皆様が塗料に詳しくないと考え「バレないだろう」と平気で嘘を言っているか、社長や上司に「そう言え」と指示されて営業を行なっている塗装業界に無知な営業マンか、この二択です。

外壁塗装が耐用年数を過ぎているかのチェック方法

外壁塗装が耐用年数を過ぎているかのチェック方法
ご自宅の外壁塗装が耐用年数を迎えているかどうかは、外壁塗膜の劣化状況を見ればご自身でもある程度判断することができます
もし次に紹介する症状が外壁に現れている場合、早めの塗り替えを検討してください。
放置してしまうと雨漏りや外壁材・建物躯体の腐食といった大きなトラブルの原因ともなりかねません。

チョーキング

外壁を指で触るとチョークの粉のようなものが付着すると、その外壁にはチョーキング現象が起こっています。
紫外線や雨を浴び続けることで外壁塗膜は少しずつ劣化し、塗料に含まれる成分の内、「顔料」が粉に戻ってしまい外壁表面に浮き出してしまう現象がチョーキング現象です。
成分が粉に戻っているということは、当然塗料は本来の性能を果たせていません。
チョーキングは、一般の方でもわかりやすい外壁塗装の塗り替えサインですので、見つけたら早めに塗り替えを検討しましょう。

ヒビ割れ(クラック)

皆様も一度は見たことあるかと思いますが、外壁表面にヒビ割れが起こっている劣化症状です。
このヒビ割れの内、幅0.3㎜以下、深さ4mm以下の細いヒビ割れを「ヘアークラック」と呼びます。
いきなりヘアークラック以上の大きなヒビ割れが起こることは少なく、基本的にはまずこのヘアークラックが発生し、そこから徐々に幅や深さが増していきます。
大きなヒビ割れになってしまえば、その箇所から雨水が建物内部へ侵入するリスクが高まってしまいます
ヘアークラックのように症状が軽微な内に対処するのが得策です。

塗膜剥がれ

塗膜が剥がれてしまい、その下の外壁材が剥き出しになっている状態です。
外壁材が剥き出しになってしまえば、紫外線や雨風が直接外壁材にあたってしまい、外壁材の寿命を著しく縮めてしまいます
剥がれの範囲が小さい、もしくは一箇所のみの場合は部分補修でも大丈夫ですが、剥がれが多数見つかった場合には外壁全体の塗り替えを検討するようにしましょう。

コケ・藻・カビの発生

コケ・藻・カビといった生物は、水が無いところには発生しません。
つまり、コケ・藻・カビが発生するということは、外壁が常に水を含んだ状態になっているということです。
この場合、外壁塗膜の防水性の低下が疑われます。
防水性の低下は外壁の耐久性を低下させる原因となるので、ただのコケやカビと油断せず、美観回復も含めて塗り替えを検討しましょう。

こちらの記事では、各外壁の劣化症状を詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

外壁塗装の耐用年数を長く保つポイントとは?

外壁塗装の耐用年数を長く保つポイントとは?
残念ながら外壁塗装においては、塗料が耐用年数を超えて性能を維持し続けるといったことは起こりません
例えばシリコン塗料なら耐用年数は8年~15年ですが、「シリコンでも20年もった」といった事例は聞いたことがありません。
しかし、耐用年数を超えることはできなくても、耐用年数ギリギリまで性能を保つことはできます。
最後に、外壁塗装の耐用年数を長く保つポイントについて解説します。

耐用年数が長い塗料を使う

当然ですが、より耐用年数が長い塗料を使えば、次回の塗り替えやメンテナンスを先に延ばすことができます
現在最も耐用年数が長く実績がある塗料はフッ素塗料で、シリコン塗料が8年~15年の耐用年数に対し、フッ素塗料は15年〜20年の耐用年数です。
一度限りの工事費用で考えると、たしかにフッ素塗料はどの塗料よりも高額になるでしょう。
しかし、耐用年数が延びるということは、それだけ外壁にかけるメンテナンス回数を抑えることができ、結果的に外壁メンテナンスのトータルコストを抑えることに繋がります
もちろん高額な工事のため気軽に選ぶことはできないと思いますので、ご自身のライフプランも考慮して、塗装業者に相談しながら塗料を選ぶようにしましょう。

塗装工事を技術のある職人直営店にお願いする

外壁塗装の耐用年数は、塗料そのものだけでなく塗装業者の技術によっても左右されます
さらに言えば、どれだけ高圧洗浄やケレン作業など下処理を丁寧にしっかり行なったかにも影響されます。
わかりやすく言えば、「技術があり、下処理など見えない部分も手を抜かず施工してくれる真面目な塗装業者」に塗装工事をお願いするのが得策です。

ペイントGOでは、上記に当てはまる塗装業者として「職人直営店」に塗装工事を依頼することをお勧めしています
こちらの記事では、職人直営店を含む大手ハウスメーカーや工務店など業者別のメリット・デメリットなどをまとめています。

ペイントGOに登録している塗装業者は、すべてこの職人直営店に該当します
ぜひペイントGOで塗装業者を探し、耐用年数を最大限延ばせる高品質な塗装工事を行なってください。

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する
Introduction

この記事を監修した塗装職人

兵庫県の塗装職人:大西裕也

兵庫県たつの市を中心に活躍する塗装職人。
『一生懸命 本日も真心込めて塗装中 最高の仕上がりに』熱意溢れる少数精鋭の塗装の職人集団。
「腕の良い仲間たちと、真心を込めていつも一生懸命に、美しく最高の仕上がりを目指します。」

外壁塗装の豆知識を読んでいただきありがとうございます。

おつかれさまでした。
ここまでコラムを読んでいただきありがとうございます。
あわせてお読みいただきたい外壁塗装の豆知識をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
お名前必須
郵便番号
住所必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法
電話 メール
案内を希望する職人数
1人 2〜3人 4人〜
ご相談・ご要望など
CATEGORY

外壁塗装の豆知識カテゴリー一覧

失敗しない外壁塗装!優良業者の選び方 外壁塗装の費用・相場・見積もりについて 外壁塗装の塗料・色選びについて 外壁塗装を行うべきタイミングや症状について きっと役に立つ!塗装に関する豆知識
KEYWORD

塗装に関する注目キーワード

WORKS

新着施工実績

お近くで評判の良い優良塗装業者を探す

お近くで評判の良い
優良塗装業者を探す

外壁塗装・塗装業者紹介に関するお問い合わせはこちら

無料問い合わせは
こちらから承り中

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要の塗装のかんたん見積もりシミュレーション

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要
塗装のかんたん見積もりシミュレーション

今すぐ無料
かんたん見積もり
TOP