外壁塗装業者が選ぶおすすめラジカル制御型塗料ランキング【2022年版】

かんたん見積もり
シミュレーション

MENU

KNOWLEDGE

外壁塗装業者が選ぶおすすめラジカル制御型塗料ランキング【2022年版】

この記事は約7分で読むことができます。

【2022年】外壁塗装業者おすすめラジカル制御塗料ランキング

住宅用の塗料で長年人気が高いのは「シリコン塗料」ですが、近年同様に人気を集めているのが「ラジカル制御塗料」です。
ただ、「シリコン」や「フッ素」と比べて聞き馴染みの無い「ラジカル制御」、どんな塗料なのか、どんなメリット・デメリットがあるのかをご存じない方も多くいらっしゃいます。
こちらのページでは「ラジカル制御塗料」に的を絞り、ペイントGOに登録している塗装業者20社に「おすすめのラジカル制御塗料」のアンケートをとり、ランキングとしてまとめました。
ラジカル制御塗料での外壁塗装をご検討中の方は、ぜひ塗料選びの参考にしてください。

ペイントGOから皆様へ

近年、塗り替えの際に選ぶ人が増えてきてるのがこの「ラジカル制御塗料」です!
ご紹介している塗料は登録業者も実際によく利用しており、実績・信頼のあるものばかり!ぜひご覧ください!

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する

ラジカル制御型塗料ってどんな塗料?特徴や費用相場は?

このページをご覧になっている方は、「ラジカル制御型塗料ってどういう塗料なの?」と特徴や費用をが気になっている方だと思います。
ラジカル制御型塗料を説明するには、まず名前にもなっている「ラジカル」が何なのかを説明しなければなりません。

ラジカル制御型塗料の「ラジカル」ってなに?

「シリコン塗料」や「フッ素塗料」は、塗料の主成分がそのまま塗料の名前になっています。
であれば「ラジカル塗料はラジカルという材料が主成分なの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。
ラジカル制御型塗料の主成分は、他の塗料と同じようにアクリル樹脂やシリコン樹脂など従来通りの材料が使われています。

「ラジカル」とは、簡単に言えば「外壁塗膜の劣化を引き起こす劣化因子」です。
このラジカルは、雨水や紫外線、酸素などが塗料の顔料に触れることで発生する物質であり、塗膜を退化させてしまう特性を持っています。
外壁塗装の劣化症状の一つである「チョーキング」は、このラジカルが引き起こす塗膜劣化の代表的な症状です。

そこで「ラジカルの発生を抑制できれば、塗膜を長持ちさせられる」という発想で生まれたのがラジカル制御型塗料なのです。
ラジカル制御型塗料は、塗料メーカーの日本ペイントが2015年に販売を開始した比較的新しい塗料です。

ラジカル制御型塗料と他の塗料の大きな違いについて

ラジカル制御型塗料にはラジカルを制御するために、「高耐候酸化チタン」と「光安定剤」という2つの成分が配合されています。

高耐候酸化チタン

本来であれば酸化チタンはラジカルを発生させてしまう成分です。
しかしこの「高耐候酸化チタン」はラジカルバリアという性能を持っており、ラジカルが発生しても外に放出させず内部へ閉じ込めるという特性を持っています。
そのため、ラジカルの影響が塗膜に及ぶことがなく、結果的に塗膜を長持ちさせることができるのです。

光安定剤

発生してしまったラジカルを捕まえ、ラジカルの活動・発散を抑制してくれるのが「光安定剤」です。

この「高耐候酸化チタン」「光安定剤」が配合されているかどうかが、ラジカル制御型塗料と他の塗料の大きな違いになります。
そして、「高耐候酸化チタン」がラジカルの発生を防ぎ、発生してしまったラジカルを「光安定剤」が抑制するという2つの働きによって、ラジカル制御型塗料は長期間の塗膜維持を可能にしている訳ですね。

ラジカル制御型塗料の費用相場について

ラジカル制御型塗料の費用相場は、2,000~3,000円/m²が目安となっています。
同じ価格帯の塗料にシリコン塗料がありますが、シリコン塗料の費用相場は1,800~3,000円/m²のため、どちらを選んでもあまり変わらない費用で外壁塗装をすることができます。

しかし耐用年数には違いがあり、シリコン塗料の耐用年数は8〜15年程度と言われていますが、ラジカル制御型塗料の耐用年数は12~16年とシリコンより少し長いです。
さらに、ラジカル制御型塗料には「チョーキングが起こりにくい」「低汚染性・防汚性・防カビ性に優れている」という特徴があります。

これだけを見るとシリコン塗料を選ぶメリットが無いように感じてしまいますが、もちろんラジカル制御型塗料にもデメリットはあります。

1つ目のデメリットとして、成分に使われている「高耐候酸化チタン」は白色顔料のため、どうしても濃い色のバリエーションが少ない点が挙げられます。
白色やベージュ系の塗料での塗り替えを考えている方にとってはデメリットになりませんが、濃い色での塗り替えをお考えの方にとっては、ラジカル制御型塗料ではなくシリコン塗料を選ばざるを得ない場面も出てくるでしょう。

2つ目のデメリットとして、上述の通り比較的新しめの塗料のため、実績がまだまだ少ないという問題があります。
メーカーは耐用年数が8~16年と発表していますが、販売からまだ10年も年も経っていないため、ラジカル制御型塗料の真価が証明されるのはまだまだこれからなのです。
また、販売から年数が浅いために、シリコン塗料やフッ素塗料と比べるとまだまだ塗装業者に浸透しているとは言えません。
そのため、「ラジカル制御型塗料で塗り替えてほしい」と希望を出しても、塗装業者によっては取り扱いが無く断られる可能性もあるので注意しましょう

実際の塗装業者が選んだおすすめラジカル制御型塗料ランキング

【1位】日本ペイント「パーフェクトトップ」

日本ペイント「パーフェクトトップ」

日本ペイントが製造・販売している「パーフェクトトップ」が、ペイントGOに登録している塗装業者から最も多くの票を集めました。
・ラジカルと言えばまずこの塗料!
・ラジカル塗料の先駆けなので、一番信頼できる

など、販売開始から年数が短い中でも、一番最初に登場した「パーフェクトトップ」がその実績から、塗装業者の厚い信頼を得ているようです。

日本ペイント独自の「ラジカル制御」技術で、シリコン塗料を超える優れた耐久性・耐候性を実現
また親水性も高いため雨垂れができにくく、建物の美観を長期に渡って維持してくれます
さらに、ポリマーハイブリッド効果で作業性も非常に高く、水性なので非危険物、スムーズな塗装工事に大きく寄与してくれます。

塗料メーカーに希望やこだわりが無いのであれば、パーフェクトトップを選んでおけば間違いないというくらい定番で信頼できるラジカル塗料です。

メーカー 日本ペイント
塗料名 パーフェクトトップ
一般名称 1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料
単価 3,000円
樹脂 アクリル系樹脂
機能 高耐久・防藻、防かび、高耐候性、ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆
期待耐用年数 10~15年
適用下地 モルタル、コンクリート、ALC、サイディングボード、押出成形セメント板、スレート、鉄、アルミ、PC板

日本ペイント「パーフェクトトップ」公式ホームページへ

【2位】エスケー化研「エスケープレミアムシリコン」

エスケー化研「エスケープレミアムシリコン」

エスケー化研が製造・販売している「エスケープレミアムシリコン」も、塗装業者から多くの票を集めました。
「エスケープレミアムシリコン」は、「安さも大事だけど、耐久性も重視したい」というお客様に多く選ばれている塗料です。
シリコン塗料という取り扱いになっていますが、厳密には「ハイブリッドシリコン樹脂塗料」であり、コストと耐久性のバランスがシリコン塗料よりさらに向上した「ラジカル制御塗料」になります。
その中でも「エスケープレミアムシリコン」は価格が抑えられている塗料で、近年ニーズが非常に高まっているエスケー化研の人気塗料です。
これまでのシリコン樹脂を超えるハイレベルな耐候性・耐久性を実現しています。

メーカー エスケー化研
塗料名 エスケープレミアムシリコン
一般名称 超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料
単価 2,200〜2,800円
樹脂 ハイブリッドシリコン樹脂
機能 ラジカル制御・低汚染・防藻・防かび
期待耐用年数 14~16年
適用下地 コンクリート、セメントモルタル、ALCパネル、スレート板、各種サイディングボード、各種旧塗膜(活膜)など

エスケー化研「エスケープレミアムシリコン」公式ホームページへ

【3位】関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」
関西ペイントが製造・販売している「アレスダイナミックTOP」は、ラジカル制御型塗料の中でも抜群の耐候性を誇る塗料です。
関西ペイントの独自技術、「ラジカルバリヤコート」が酸化チタンへの紫外線到達を阻止しラジカル発生を抑制、「HALSラジカルキャッチャー」が発生したラジカルを捕獲し全て無害化
特に紫外線に対しては他のラジカル制御型塗料より強い耐候性を持っています。

さらに、施工の際に「アレスダイナミックフィラー」と「ダイナミック強化剤」を使用すれば、高湿度の気候でも施工が可能
天候によって工期を延ばしたくないとお考えの方、梅雨時期など高湿度が予想される時期に塗り替えをご検討中の方におすすめです。

メーカー 関西ペイント
塗料名 アレスダイナミックTOP
一般名称 水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料
単価 2,500〜3,000円
樹脂 シリコン樹脂
機能 高耐候性・低汚染・透湿性・防藻・防かび
期待耐用年数 15年
適用下地 コンクリート・モルタル・窯業系サイディングボード・ALC・各種旧塗膜など

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」公式ホームページへ

【4位】アステックペイント「リファイン1000Si-IR」

アステックペイント「リファイン1000Si-IR」

アステックペイントが製造・販売している「リファイン1000Si-IR」は、アステックペイントの全塗料の中でも非常に人気が高く、評判も良い塗料です。
シリコン塗料ランキングにもランクインしていますが、分類としてはラジカル制御型塗料になるため、こちらにもランクインしています。
価格と耐用年数を比べた時のコストパフォーマンスという点ではNo.1と言っても過言ではないでしょう。

さらに防汚保持性を有しており、塗装後は汚れが付きにくいだけでなく、汚れがついても雨水で落ちやすくなります
コストパフォーマンスに優れるだけでなく、長期にわたって綺麗な外壁を維持することが可能です。

メーカー アステックペイント
塗料名 リファイン1000Si-IR
一般名称 水性形二液外壁用低汚染遮熱シリコン系上塗材
単価 2,000〜2,500円
樹脂 シリコン樹脂
機能 低汚染性・遮熱性・防かび性・防藻性・防汚保持性
期待耐用年数 15~18年
適用下地 コンクリート、モルタル、ALC、窯業系サイディング、波形スレート、カラー鋼板、アルミニウム、ガルバリウム鋼版・ステンレス

アステックペイント「リファイン1000Si-IR」公式ホームページへ

外壁塗装業者が選ぶおすすめラジカル制御型塗料ランキング まとめ

実際に現場で働いている塗装業者が選んだおすすめラジカル制御型塗料ランキングをご紹介しました。
価格と性能だけを見ればシリコン塗料より魅力的な塗料に感じますが、やはりネックになるのは塗料自体の実績です。
先駆けとなった日本ペイントの「パーフェクトトップ」でさえ、2015年の販売開始から10年も経っていないため、本当にメーカーが定める期待耐用年数を満たしてくれるのかその間何も不具合なく過ごせるのか、まだまだ未知数な点も多いのです。
また、比較的新しい塗料ということで、積極的に採用していない塗装業者も多い点も、皆様にとってはラジカル制御型塗料を選ぶ上でデメリットとなるでしょう。

しかし、その点さえクリアできれば、今後シリコン塗料にとって変わって外壁塗装のスタンダードになることも期待されるラジカル制御型塗料
現時点ではどのラジカル制御型塗料を選んでも価格・性能ともにそこまで大きな違いは無いので、塗料選びより「ラジカル制御型塗料を適正に扱える塗装業者」を選ぶことの方が大切と言えるでしょう。

外壁塗装の費用が気になる方はかんたん見積もりシミュレーション 全国選りすぐりの塗装業者の中から、お近くの塗装業者を検索する
Introduction

この記事を監修した塗装職人

外壁塗装の総合情報ポータルサイト ペイントGO

ペイントGO

わかる!みつかる!まなべる!外壁塗装の総合メディア「ペイントGO」は、「皆様に本当に適正価格で良い外壁塗装をしてほしい」という想いで、日々情報を発信し続けています。

外壁塗装の豆知識を読んでいただきありがとうございます。

おつかれさまでした。
ここまでコラムを読んでいただきありがとうございます。
あわせてお読みいただきたい外壁塗装の豆知識をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
全国選りすぐりの塗装業者の中からお近くの塗装業者を検索する
お名前必須
郵便番号
住所必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法
電話 メール
案内を希望する職人数
1人 2〜3人 4人〜
ご相談・ご要望など
CATEGORY

外壁塗装の豆知識カテゴリー一覧

失敗しない外壁塗装!優良業者の選び方 外壁塗装の費用・相場・見積もりについて 外壁塗装の塗料・色選びについて 外壁塗装を行うべきタイミングや症状について きっと役に立つ!塗装に関する豆知識
KEYWORD

塗装に関する注目キーワード

WORKS

新着施工実績

お近くで評判の良い優良塗装業者を探す

お近くで評判の良い
優良塗装業者を探す

外壁塗装・塗装業者紹介に関するお問い合わせはこちら

無料問い合わせは
こちらから承り中

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要の塗装のかんたん見積もりシミュレーション

個人情報(電話番号・メールアドレス)不要
塗装のかんたん見積もりシミュレーション

今すぐ無料
かんたん見積もり
TOP